松尾浩志の「住まいはここから☆」

2019年02月05日

CLT工場の見学!


注文住宅お知らせ

もうすぐ上棟工事を迎えるため銘建工業様のCLT工場へ社長、白髭と

真庭まで行ってきました!

前にもご紹介をしましたがCLTとは「挽き板又は小角材の繊維方向を

互いにほぼ平行にして幅方向に並べ又は接着したものを、主として

その繊維方向を互いにほぼ直角にして積層接着し3層以上の構造を

持たせた一般材の事」です。工場で確認できたのは9層がありました。

つまり壁がCLTだけで27cmですか。。。

どこに使用するんでしょうか笑

今回採用する5層(15cm)が一般的だそうです。

残念ながら今回当社で建てるCLTはブログで場所や工事中のご紹介は

NGなので、せめてどんなものかを写真にアップしたいと思います。

材料は基本的に杉と桧で構成されており、節ができるだけ目立たない面を

表にして直行に加工していきます。含水率も15%以下におさえ、加工して出た

廃材はバイオマス工場へ運ばれ、そこで燃やされた熱は木材の乾燥に

利用されて非常に効率の良い生産をされてると感じました!

全国で工場は10件ほど、CLTで作った建築物はすでに47都道府県すべてに

建てられているそうです。どんどん普及はしているものの住宅に

使用するだけのコストはまだ削減してはおらず、

大きいパネルを現地に運ぶトラックが大きくなるので大変、

工事ではパネルを吊るすレッカーが必要など、より身近になるのは

まだ先のお話になりそうです。

上棟時には立ち上がりにセットされたボルトと運ばれてきたCLTを

緊結しますが細かな技術が必要です。一般の工務店でCLT工事を

行うところは岡山では初めて?でしょうか。

今回はとても貴重な体験ができました。大変お忙しいところご案内

いただいたスタッフ様に感謝です。

銘建工業様、本日は誠にありがとうございました!



タグ|注文住宅,お知らせ,

投稿一覧


ブログの画像

将来はテニスプレーヤー?

ブログの画像

性能快適向上

お気軽にお問合せ下さい

施工事例へのリンク画像ブログへのリンク画像