松尾浩志の「住まいはここから☆」

2019年03月11日

あれから8年


お知らせ

東日本大震災から8年。

もう8年ですか。あっという間ですね。

当時はテレビで見ていてとてもショックを受けた記憶があります。

あれから当社の家づくりも変化して耐震等級3に制振テープを標準で

採用することになりました。耐震等級1が建築基準法でいうと3は

その1.5倍の耐震性能があります。

 

地震で一番怖いと感じるのは繰り返しの地震です。熊本地震でも震度7が

2度やってくる想定外が起こりました。

岡山県でも「30年以内に震度6弱以上の地震がやってくる確率」は41%と

災害の少ない地域でさえ危険といわれています。

ちなみに熊本地震前は熊本県では9%といわれてきました。

どこにいつどのくらいの規模でくるかはこの数値からでは判断できませんよね。

だからこれから建てる家は必ず耐震等級3が必須です。

自分が命をかけて借入れする住宅ローンですので、

家も財産と家族を守ってくれなければなりません。

災害が起きた時に備えも大切だと考えさせられました。

昔ブログでも書いたことがあるのですが、友加さんが防災リュックを

つくっていたことを思い出しました。西日本豪雨の際にも避難するときに

防災リュックを準備していたので、あたふたすることなく避難することが

できました。

 

4Cでは2年前から当社の提携している火災保険をご契約いただいた

お客様にはもしもの時に安心な4Cファミリークラブ10に加入することができ、

防災グッズもプレゼントさせていただいております。

備えあれば憂いなし!!

家づくりでできるだけ安全・安心な家づくりをしながら自分たちも防災意識を高めることが最も財産とご家族の命を守る確率が高いのではないでしょうか。

これからもこの大震災の記憶を忘れず、防災意識を高めていきたいと思います!



タグ|お知らせ,

投稿一覧


ブログの画像

建築途中あったか見学会を開催

ブログの画像

熊山工場見学&セミナー

お気軽にお問合せ下さい